包茎の種類

包茎の種類

通常の時も男性器の亀頭が皮膚に覆われている症状を、包茎と呼んでいます。どの程度皮がむけて亀頭が露出しているのかによって包茎には種類があり、仮性包茎・カントン包茎・真性包茎に分類することができます。

 

包茎の種類の中でも仮性包茎は最も多くみられ、平常時には亀頭が皮で覆われていますが、手でむくと亀頭を簡単に露出させることが可能です。また勃起をすることによっても、亀頭が露出してきます。仮性包茎は性行為をするのに差支えはありませんが、亀頭が皮に覆われてために不潔になりやすく、性病や性感染症に感染する可能性が高くなります、また包皮と亀頭の間に陰毛がはさまって炎症を起こすこともあるので、日ごろのケアを欠かすことができません。

 

亀頭と包皮が癒着を起こしてくっついてしまい、手で皮をむくことができない状態を真性包茎と呼んでいます。また包皮の先の部分が非常に狭い場合にも、真性包茎になってしまいます。真性包茎では亀頭が完全に包皮に覆われてしまっているので、亀頭を見ることができません。

 

そのため亀頭包皮炎や泌尿器疾患を発症しやすく、性行為も正常に行うことが難しくなります。恥垢がたまりやすいため、性器が悪臭を放つ場合もあります。真性包茎によっておこるさまざまなトラブルを避けるためには、早期の包茎手術がおすすめです。

 

カントン包茎では亀頭をなんとか露出させることはできますが、包皮の先の包皮口が狭いために亀頭の根元を締め付けてしまい、もとに戻せない状態が起こります。締め付けられた陰茎は痛みを伴って腫れたり、性行為の時に包皮が裂けて傷ができたりすることがあるので、包茎手術が必要になってきます。

 

このように包茎のデメリットはたくさんあり、性行為を円滑にできない、不潔で病気になりやすい、悪臭のためにパートナーに嫌がられるなど、深刻な問題に悩まされている人は少なくありません。包茎の悩みを解決するためには、専門の医院で詳しいカウンセリングを受けてみましょう。

 

詳細はここから↓


 

包茎手術仙台でおすすめの安心して受けられるクリニック最新版!!はここから