包茎手術のメリット

包茎手術のメリットとデメリット

包茎には、皮をむくことができる仮性包茎や亀頭と包皮が癒着してしまっている真性包茎、包皮口が狭く亀頭の根元が締め付けられるカントン包茎があります。中でも自分で包皮をむくことができる仮性包茎の男性は最も多く、包茎手術の必要があるのかどうかを悩んでいる人も少なくありません。

 

亀頭が皮をかぶってしまっている包茎は見栄えが良くないため、温泉に行ったりして人目にふれるときににコンプレックスを感じる人もいます。また包茎だと普段から亀頭が皮に覆われれているので外部からの刺激に弱くなるため、わずかの刺激でも射精しやすくなってしまう傾向があり、早漏になりやすいともいわれているのです。

 

包茎になると包皮内に恥垢がたまりやすいので雑菌が発生して不衛生になりがちで、悪臭を放って困るというデメリットもあります。包茎が原因の不快な悪臭によって、パートナーに嫌がられるのは困りますよね。勃起したときに亀頭が出てくる仮性包茎は性行為にそれほど支障はありませんが、真性包茎では包皮と亀頭が癒着しているので、引きはがされるような痛みが起こってきます。カントンでは勃起すると包皮口が締め付けられるので、痛みのために性行為どころではなくなってしまう場合もあります。

 

真性包茎やカントン包茎の深刻な悩みを解決するためには、経験豊富な専門の医院で納得ができるまでカウンセリングを受けた度、包茎手術を受けることがおすすめです。思い切って包茎手術をすると、自分に自信が持てるようになり、恥垢がたくさんがたまらないので清潔になるというメリットもあります。包茎手術のおかげで亀頭が完全に露出し、性行為がスムーズにできるようになったという喜びの声が数多く寄せられているのです。

 

包茎手術のデメリットとしては、手術にある程度の費用がかかることがあげられます。真性包茎やカントン包茎で日常生活や性行為に支障をきたすと認められるときには、保険適用になる場合もあるので、医師に相談をしてみましょう。

 

詳細はここから↓


 

 

包茎手術仙台でおすすめの安心して受けられるクリニック最新版!!はここから